パンチョスとパーチンの親

パーチンは今日も来ました。
竹輪を今日もあげることができました。
また、ピタッと座って、ニャオ、ニャオ、っと鳴きます。
言葉がわからないのですが、何かをしゃべりかけているのだと思います。

少しの間、横になって寝ていきました。
(少しだけ、心をゆるしてくれたのでしょうか。)


しばらくして、
「パンチョス!」
窓の外に懐かしい、模様の後ろ姿!!
近寄ると、パンチョスよりでっかい。


これは、確実にパンチョスの親です。

おんなじ模様です。
窓を開けようとしたら、瞬く間に去っていきました。

パンチョスにはどうやら飼い主があらわれました。
パーチンはひょっとして、野良猫で、一人ぼっちではないかなっと心配をしていましたが、
親子でいるなら、安心だなっと思いました。

これから寒くなるし。
どうか暖かい冬をすごせますようにっと思います。

by maxim0427 | 2011-09-07 14:30 | MY猫計画  

<< 絵馬の奉納 日本の歴史(三種の神器の起源 2) >>