家庭保育園の記述開始

愛娘を無事出産し、ご褒美もふくめて家庭保育園をはじめることにしたわけです。
出産して3日目。たしか点滴が終わって自由に出歩けるようになって、
すぐに病院内から電話をかけて申し込みをいたしました。

もちろん退院してから数週間後に教材が届いたわけですが、
玄関が段ボール箱でいっぱいになりました。
本たち(絵本100冊はありますから、、、)をゆっくりゆっくり何度も何度も2階にあげたりと、
帝王切開した産後主婦ではありえないような行動力でした。
今の私なら無理しちゃダメっと声をかけたいところですが、喜びのあまり苦ではなかったんですね。
いまとなれば、素敵な思い出です。


ワールドファミリーは、ABCクラブやCAPやTelephoneEnglishや、イベントなどアウトプットする場が多く、取り組み方も英語を学ぶだけなので比較的簡単なのですが、会員専用サイトがあるとはいえ、家庭保育園は内容が多岐にわたり教材に一貫性がないため、コンスタントに取り組めているかどうかの実感がさほどありません。(大都市ではセミナーなどがあるようです)

愛娘が誕生して1年と5か月。
だんだんと発語数も増えてきたので、これからは、システマチックに進めたいと思います。
ドッツカードや絵カードのフラッシュ的なものはあまりできていなかったので、
一から学習して、これを機にすすめたいと思います。


しまじろうとワールドファミリーと家庭保育園の3本だてです。
お金持ちではありません。貯金の使い道が〝こっち路線″だっただけです。
教育ママでもありません。一緒にゆっくり学びたいだけのママです。
自分で自分を育てなおしているような感じです。
たぶん七田式やKUMONを選ばなかったのは、私も一緒に学びたかったというのがあるからです。
といっても旦那様(健治様)が理解をしめしてくれたことが大きいです。感謝してます。

記録がわりに、ブログに更新していきたいと思います。

by maxim0427 | 2013-07-16 04:02 | 家庭保育園  

<< 1歳5ヵ月のプログラム コイン収集 >>